ゴリ、監督映画を宣伝 「人生の90分ください」

印刷

   <テレビウォッチ> 突然、指笛を鳴らしながらゴリが黄色いTシャツで乱入、「エイサー」。いわずと知れた映画「南の島のフリムン」のPRだ。ゴリが監督・主演で、 Tシャツには「8.29 Roadshow」と書いてある。

逆に

   「フリムン」とは、沖縄の言葉で、「愛おしいおバカ」という意味。フリムンの若者役のゴリが、1人の女性をめぐって、米兵役のボビー・オロゴンと対決するというお話。ゴリの長編監督デビュー作だ。

   加藤浩次とテリー伊藤が聞いた。

   「監督がこれほど頭がとけそうになるとは思わなかった。ライトから衣装から全部話が来る。うるさいと」

   加藤「逆にいったら思い通りにできるでしょ」

   「だからできあがった映画は子どものようにかわいい」

   加藤「ボビーはどう?」

   「ボビーは英語ペラペラなんです」

   加藤「当たり前でしょう。あ、そうかアフリカだもんね」

   「聞いたら、『ペラペラだよ、なめんなよ』と。で、出てもらったが、聞いてた米兵役のアメリカ人が『ホワット?』と(笑い)」

   テリー「ひどいヤツだねー」

   「彼の発音はダメだというので、教えたりして時間がかかった」

   出演者ではほかに、相方の川田広樹、80歳の平良とみ、夏川りみら。DA PUMPのISSAとKENが歌っている歌は、「わたし、ゴリが作詞しました」

   加藤「沖縄出身だから……」

   「場所かりるときでも、ゴリが作る映画ならいいよと。沖縄の人全員で作ったような映画」「試写会がこわくて、終わったら拍手が起こって、1人2人と立ち上がってスタンディングオベーション。5人しか立たなかったんですが、うちの家族だったんです」(笑い)

   映画は8月29日(土)からロードショー。

   最後にゴリが「皆さんの人生の90分をください」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中