ケネディ家と「名門」の定義 アメリカの歴史と家系図

印刷

   <テレビウォッチ>元米国大統領ジョン・F・ケネディの弟に当たるエドワード・ケネディ上院議員が亡くなった――というので、番組はJFKの父ジョセフから3代の家系図を表示して、ケネディ家の「悲劇」を紹介していた。

名門中の名門

   「名門中の名門でしょ、ケネディ家って」と番組司会のみのもんた。

   ケネディ家は19世紀半ばの「遅れてきた」アイルランド/カトリック移民で、JFKの父、祖父は水(酒)商売で一財産を築いたことで有名だった。「名門」の定義もいろいろだろうが、ケネディ家はアメリカのなかでもわりと新興、どちらかといえばJFKまでの3代アメリカンドリームというイメージ――。

   と、筆者的にはそんなふうに思っていたのだが、ワシントン特派員だったという金井辰樹(東京新聞・中日新聞政治部デスク)によると、みのの言うとおりなのだった。「アメリカって比較的歴史の浅い国で、家系図が出てくることは少ない。ケネディ家はほんとに数少ない名家ですね」。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中