アカデミー賞監督の「淫行」 「示談で帳消し」は無理?

印刷

<テレビウォッチ>コメンテイターで作家の若一光司プレゼンツ「世界びっくりニュースウォッチ」では、スイスで拘束されたロマン・ポランスキー監督の一件を取り上げていた。

   映画「戦場のピアニスト」でアカデミー監督賞を受けた有名な映画監督だが、もうひとつの顔は「逃亡者」。32年前、13歳の女性に対して暴行(淫行)をはたらいた容疑で米国内で逮捕。保釈中に、米国と身柄引き渡しの取り決めのないフランスに逃亡していたのだ。

法律的には

   もっとも事件は古く、かつての被害者とも示談が成立の方向であり、映画関係者などを中心に釈放を求める動きも盛んになっている。スタジオの大沢孝征弁護士は「法律的には(裁かれるのが)当然」と腕組みをするが、「なにか落し所はないんですか」と小木逸平アナが聞く。

   しかし、若一によると「絶体絶命という状況ではないか」。もし有罪になれば、数十年級の長期刑が予想され、残りの人生を檻の中で過ごす可能性もあるそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中