マイコーりょう「見えない戦い」 マイケルものまねへの執念

印刷

   マイケル・ジャクソンのモノマネ芸人、マイコーりょうは、お笑いの現場で歌いやすい音環境を用意してもらえず、「見えない音の世界」でいつも戦っている。「モニタースピーカーがない」「音が小さい」「ピンマイクでの歌唱」「カラオケとマイクのボリュームバランス」「編集してONAIRされる際の微妙なズレ」など、現場によっていろんな問題がある。

   妥協せず、よい音環境を作ることも実力のうち。不満があるのに、おとなしく遠慮するのは自分の首をしめているのと同じだ。

「来年からは妥協しないぞー!」

と意気込んでいる。2009年12月29日のブログから。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中