2020年 12月 1日 (火)

ラモス瑠偉 「Fリーガー、真剣に取り組んでほしい」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   元サッカー日本代表のラモス瑠偉が2010年1月28日のブログで、フットサルに意見している。

   最近はフットサルコートをあちこちに見かけるようになった。サッカー人気とあいまって、それよりも気軽なフットサルは競技人口を増やしてきたからだ。ラモスは30年ほど前、セルジオ越後らとともにフットサルの普及に取り組んでいたという。当時の野球人気の中にあって、もっと身近にサッカーを感じてもらえるにはどうしたらいいか、と考えたわけだ。

   しかも、フットサルは狭いコートでやるために、より素早い判断や正確なパスが求められる。子どもの頃から楽しむことで、サッカーの基礎となる。日本のサッカーレベルを上げるにも、いいスポーツだと思ったという。

   さて、あれから30年、フットサルを楽しむ人が増えたのは心底嬉しいそうだ。しかも、プロリーグさえできたのだ。ところが、である。ラモスがプロの試合をみたところ、「はっきり言ってまだまだレベルが低い」と一喝する。技術もさることながら、精神的にも未熟だというのだ。

「せっかく出来たプロリーグだぞ」「ブームだけで終わらせないためにプロとは何か どういうものかFリーガー達はもう一度しっかり考えて 真剣に取り組んでほしい」

   <テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中