小沢土地問題への「真紀子節」 聞きたいような…

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>2009年1月29日、衆院本会議で田中真紀子議員が代表質問に立った。当時無所属で民主と会派を組んでいた。民主の小沢一郎代表(当時)の代わりに麻生太郎首相(同)を「口撃」した。

   翌日30日は3通信簿が取り上げた。「小沢代表でなく真紀子議員だった訳~」(朝ズバ)、「真紀子ブシは炸裂したか 諸星教授『レベル低いな』」(とくダネ)、「不評だった『真紀子節』 スタジオ陣から『総攻撃』」(スパモニ)。

   朝ズバ通信簿は、吉川美代子(TBS解説委員)が「やっぱり、小沢代表が出てほしかったな」と述べたことを伝えた。浅野史郎・前宮城県知事は、新聞を引用しつつ「(小沢代表は)本当は総理になりたくないのか」との疑問を口にしていた。

   2010年1月の国会。攻守変わって今や民主党が与党。小沢幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る問題が連日報道・議論されている。田中真紀子議員も今は民主党衆院議員。この問題では「真紀子節」は響いてこないようだ。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中