2018年 7月 17日 (火)

ワタミCEO大いに語る 「居酒屋の禁煙」失敗と挑戦

印刷

<テレビウォッチ> 受動喫煙防止条例が来4月から神奈川県で施行されるのを前に、番組コメンテイターでワタミCEOの渡邉美樹が居酒屋における禁煙事情について大いに語った。

「もう1度」

   それにしてもこの御仁に居酒屋経営を語らせると、いつも熱心で、話が長く細かい。日経流通とかの読者ならともかく、この番組の視聴者がそれをどれほど喜んでるかは不明である。

どうでした?

   さて、渡邉によると、ワタミは5年前、ビルの複数階で展開する店で、一部の階を全面禁煙にしたという。「どうでした?」とテリー伊藤。「どーしたもこーしたも、失敗しました」と渡邉。売上の約2割を占める宴会予約が激減。また深夜帯に客が入らず、禁煙はやめたのだという。

   そんなワタミの受動喫煙対策としては、とりあえず分煙で対応するが、渡邉は「我々ももう1度禁煙に挑戦していきたい」と再チャレンジに意欲を見せていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中