くわばたりえ 「人って変われるねんなぁ~」

印刷

   お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえが7月9日(2010年)のブログで、ドキュメンタリー番組を見てしみじみと感じ入ったことを書いている。

   先々週から2週にわたって放送されていたのが、応援団を追ったドキュメンタリー番組だった。中学1年生が高校3年生になるまでの足掛け6年を密着。番組では中学1年生が2人、入部した。1人は体が大きいのに内気で声が小さく、もう1人は眼鏡をかけていて体型もひょろりとしたタイプである。

   テレビの前でくわばたは、2人はきっと初日の練習で辞めるだろう、と思った。が、結局、最後まで辞めなかったのだ。夏には「地獄」の合宿が待っていた。その内容たるや、真夏の体育館を締め切って、学ランを羽織って3時間正座。それから校歌練習では大声を張り上げ、足腰を鍛えるために「アヒル歩き」で数キロを移動する訓練もあった。

   2人は次第に男らしくなっていく。「人って変われるねんなぁ~と実感」。高校3年生になった2人の顔つきはがらりと変わりたくましく、「めちゃめちゃカッコイイ」。いじめられそうな雰囲気も、そこにはなかった。

   番組は柔道3段の夫と見ていた。彼にも厳しい部活体験があるので、「こいつら、カッコイイねっ」と感心しきりだったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中