夫の実家に帰省 宿泊代1泊3000~5000円にスタジオ「エーッ!」

印刷

   帰省シーズンの本格到来で、番組は夫の実家に帰省する嫁を対象としたマナー講座を開催した。番組アンケートによれば、手土産、手伝い、服装などの定番の悩みが上位を占めたが、そのほかにも最近増えてるモノがあるそうな。

   それは「帰省するとき、おカネはどれぐらい払えばいいのか」という疑問である。

ヘタな民宿だな
「ナニ、払う? 払うってどういうこと」

   訝しむ小倉智昭キャスター。

   作法専門家のアドバイスによると、義父母に対してのお礼が必要であり、食事や宿泊などの滞在費として1日あたり3000円~5000円を渡すのが妥当だという。

   「えー!?」とスタジオでは今日一番のオドロキの声があがり、オグラは「ヘタな民宿だな、オイ!」と叫んだ。

   ポイントは渡し方にある。嫁が「これ、宿泊費です」などと渡せばカドが立つ。旦那様経由で「これでおいしいモノでも食べて」と渡すのがデキる嫁のやり方なんだそうで。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中