ニュー岡田克也に変身できるか「割り勘伝説」「返却伝説」の堅物幹事長

印刷

   民主党幹事長人事は難航の末、岡田克也外相に落ち着いた。この間、何人かの名前が浮上しては消えたが、菅直人首相の本命は当初から岡田外相だったとされる。岡田幹事長決定後の会見で首相は、「大変むずかしい時期の党務を担当するにふさわしい人。それ以外の理由はない」と述べた。岡田自身は外相を続けたかったらしく、要請を受け入れた後の「天命でしょう」という表現に、その気持ちが見えた。

野党と折り合う柔軟さ期待

   コメンテーターの与良正男(毎日新聞論説副委員長)は「(今回の幹事長職は)総理大臣より大変になる可能性があり、断りたい気分はわかる」としたうえで、「でも、ここまできて岡田さんが断っちゃうと、政界では逃げたという話になる。岡田さんも将来は総理大臣に、と思っているだろうから、今回、逃げちゃうと、総理大臣の道はなくなっていたかもしれない」と説明する。

   海老原嗣生(リクルートエージェントフェロー)が「女性問題とか、お金の問題とか、絶対、大丈夫そうな人だからホッとする。それだけに(清濁併せのむ)幹事長は…」と口にすると、与良は「党内より自民なり、公明なり、みんななりの、野党(対策)が大変。国会が前に進むかどうかは岡田さん次第。柔軟さ、『ニュー岡田』が期待される」と語った。

   飲み屋の勘定を割り勘にするという「割り勘伝説」、贈り物は返却するという「返却伝説」で知られる堅物幹事長は、ねじれ国会乗り切りにどんな姿勢で臨むのだろうか。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中