チリ救出中継 外しっぱなしだった朝ワイド

印刷

<今週のワイドショー通信簿>今週のワイドショーはチリ鉱山の生き埋め33人の救出ニュース一色になった。救出作業が始まる前日から「いよいよチリ33人救出 ボリビア大統領もやってくる!」(TBS系朝ズバ!)と手ぐすね引いた待ち構え、いざ救出が始まると通常番組をつぶしたり、ワイプで流したりして「感動」「奇跡」「歓喜」のオンパレードとなった。

   ところが、朝ワイドだけはカヤの外だった。当初、13日(2010年10月)の午前8時頃には1人目が救出されるという情報で、「これならドンピシャ!」と踏んでいたのだが、現地の作業は遅れ、1人目が地上に現れたのは12時過ぎ。朝ワイドはとっくに放送を終わっていた。「とくダネ!」(フジテレビ系)の司会・小倉智昭などは番組終了間際、「私たちの番組は何やってきたんだということになります」としきりにぼやいた。

   それならばということで、70日間も33人の男たちを統率したリーダーが最後に出てくるところを14日の放送でと狙ったが、これがなかなか進まない。この日も「とくダネ!」・小倉智昭はジリジリしながら待ったが、ついに番組内で放送できなかった。ところが、終了1分後、元気な顔が世界中に中継されたのだから、朝ワイドはどこまでもツイてなかった。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中