三原じゅん子「結局、内部告発でしたか」

印刷

   元女優で自民党参院議員の三原じゅん子が11月7日(2010年)のブログで、民主党の外交政策について書いている。

   数十年かけて自民党は各国とのパイプを培い、慎重に外交を行ってきた。「民主党の現政府はなんのパイプも持つ事すら知らずに、誰と何を交渉したら良いかも分からず、結局、内部告発でしたか?」と尖閣ビデオ流出に言及。長年野党だった民主党は政権獲得後の準備をしてきていると思っていたが、「民主党は残念な党ですね。二度と国民の思いは戻らないでしょう」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中