2018年 7月 19日 (木)

三原じゅん子「結局、内部告発でしたか」

印刷

   元女優で自民党参院議員の三原じゅん子が11月7日(2010年)のブログで、民主党の外交政策について書いている。

   数十年かけて自民党は各国とのパイプを培い、慎重に外交を行ってきた。「民主党の現政府はなんのパイプも持つ事すら知らずに、誰と何を交渉したら良いかも分からず、結局、内部告発でしたか?」と尖閣ビデオ流出に言及。長年野党だった民主党は政権獲得後の準備をしてきていると思っていたが、「民主党は残念な党ですね。二度と国民の思いは戻らないでしょう」と書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中