オリックス金子、年俸1億超えの夜に「断髪式」

印刷

   プロ野球は契約更改シーズン真っただ中。今季パリーグ最多勝に輝いたオリックス・バファローズ投手、金子千尋は2010年12月10日、7200万円増の年俸1億5000万円でサインした。チーム一の稼ぎ頭となり、翌11日に更新したブログでは「契約更改も無事に終了しました!来季もヨロシクお願いします」とまずは報告。

   契約更改の夜、思わぬ出来事が起きた。「主役」は金子の長男、遙希君。夫人のもとに寄ってきた息子の背中を見ると、髪の毛がたくさんついている。心配になった金子が頭を触ったところ、「予想外の感触」だったという。頭がザラザラしていたのだ。

「まさかと思い洗面所を見に行ってみると!!  大量の髪の毛が そしてそこにハサミも よく見てみたら3ヶ所も断髪式!」

   どうやら遙希君が、自分の髪の毛をハサミでばっさり切り落としていたようだ。その後、金子に謝りまくる息子にいちおう「お説教」したものの、「でもまぁ、頭が切れてなくて良かったですよ」とホッとした様子だ。 年俸大幅アップに息子のちょっとしたお騒がせで、金子にとっては思い出に残る1日になった、かもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中