北斗晶 水嶋本の感想「天は二物を与えるんだわな」

印刷

   元女子プロレスラーでタレントの北斗晶が12月20のブログで、酒井法子の自叙伝「贖罪」(朝日新聞出版)と水嶋ヒロのデビュー小説「KAGEROU」(ポプラ社)の感想を書いている。

   以前のブログで、酒井の覚せい剤事件について激怒していた北斗だが、「同じ年頃の子供を持つ母親として、事件の残念さを思う反面…酒井法子さんの息子さんに『ボク良く頑張ったね』って言ってあげたいなと思ったよ!!」。「ママを立ち直らせて救えるのは、ファンでも仕事関係者でもなくて酒井法子さんの息子さんだろうな~」といい、「『ボク!!頑張れ』が一番の贖罪のあたしの感想だったな」と酒井の息子への思いを書いた。

   「KAGEROU」については、「まだ、読み始めだけど…あたし的には、凄く面白い内容だよ」とのこと。「水嶋ヒロさんって…頭もキレる人なんだよね~!読みやすいし…凄い才能の持ち主なんだろうね」と水嶋を称え、「天は二物を与えるんだわな」と書いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中