戦力外通告の坪井智哉オリ入団 「温かいブーイング楽しみ」

印刷

   プロ野球・日本ハムファイターズから戦力外通告を受けていた坪井智哉選手が1月17日(2011年)、自身のブログで来季はオリックス・バファローズでプレーすることを報告した。

「日本球界で野球ができることに関しては、ほぼ心が折れかけていましたが、最後の最後に救いの手を差し伸べて頂きまして、ホンマ、感謝の言葉しか見当たりません」

   入団するチームには自身の阪神タイガース時代に指導を受けた岡田彰布監督、山田勝彦バッテリーコーチらよく知る人も多い。また、同い年で合同自主トレをするなど親交のあるイチローの古巣でもあり、「勝手に何かしら縁を感じています」と坪井。

   現役でプレーしたいという意向が叶って感謝の言葉を続けるが、古巣となる日ハムファンに向けては「札幌ドームで打席に立てる時が来たなら、温かいブーイングを楽しみにしてます」と冗談を飛ばしていた。初球は見逃すつもりだ、とはやくも宣言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中