長友佑都「インテルミラノ」欧州CL王者に電撃移籍

印刷
「サッカーファンは今朝(2011年2月1日)のスポーツ紙見て『ヤーッ』って、すごい声を上げたと思うよ」

   司会の小倉智昭がオープニングトークで、興奮気味に日本代表の長友佑都(24)のインテルミラノへの電撃移籍を伝えた。インテルの公式サイトによると、冬季移籍期間最終日の1月31日ギリギリになって、チェゼーナでプレーしている長友とDFサントンを交換することで合意したという。

   インテルの左サイドバックには攻撃的なサントンがいるが、今期は不調で結果を出していない。そこでアジア杯で活躍した長友に白羽の矢が立った。右サイドバックには、長友が目指すブラジル代表のDFマイコンがおり、長友にとっては一緒にプレーできる夢がかなったといえる。

日本が誇る左サイドバック

   インテルは欧州CL(前身の欧州チャンピオンズ杯も含む)で3度優勝、セリエAでは18回の優勝を誇り、世界でもトップクラスの名門だ。日本代表のザッケローニ監督もかつて監督として指揮を執ったことがある。

体力、スピードはある

   ただ、セリエA勝敗表(30日現在)によると、今季はライバルのACミランが1位で、インテルは4位に停滞。そんなことから左サイドバック強化に動いたのだろう。ちなみに、チェゼーナは下から3番目、18位のチームだ。

小倉「長友が行ってすぐにフル出場というほどセリエAは甘くないでしょうが、体力、スピードはある。セリエA でどこまでやれるか興味がありますね」

   アジア杯優勝のけん引役となった長友の世界トップクラスに入り、また楽しみが増えた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中