つるの剛士「声優の吉田理保子と共演」う~ん、まいっちんぐ

印刷

   タレント・俳優のつるの剛士が、人気アニメ「ポケットモンスター」の劇場版「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」に声優として出演。5月8日(2011年)に行われたアフレコの様子をブログで紹介した。

   今回演じた「ドレッド」は物語のキーマンとなる重要なキャラクター。本格的な声優挑戦は今回が初めてであり、「とてもむずかしくて、奥が深くて。。」とかなり苦戦したようだ。

   そんなつるのをサポートしたのが、声優の吉田理保子。「アルプスの少女ハイジ」のクララや「まいっちんぐマチコ先生」のマチコ先生役などで知られるベテランの支えもあり、8時間にも及ぶ収録は無事に終了した。

   「同じお芝居とはいえ、アフレコは表現方法が全く違うので、とにかく勉強になりました」というつるの。「新しいジャンルに挑戦って刺激的~ う~ん まいっちんぐ!」と、吉田の当たり役に引っ掛けて感慨を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中