2020年 12月 1日 (火)

矢口真里「はやくも旦那さんとすれ違い気味…どうすればいいの?」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   入籍から3カ月、新婚ほやほやの矢口真里が8月3日(2011年)のブログで、夫婦関係の悩みを告白している。

「最近…ありがたい事なんですが 私も旦那さんも忙しいでふ。すれ違いです。朝早いし、夜遅いみたいな。とても寂しいです」

   売れっ子の矢口はもちろん、夫の中村昌也もドラマ「桜蘭高校ホスト部」に出演中と、それぞれ多忙な2人。「話したいこと沢山ある」にもかかわらず、思うようにコミュニケーションが取れない状況に「ストレスもちょっぴり溜まってます」と不満を漏らし、

「皆さんはこうゆう時、どうやって解消してますか?」

と読者からの助言を募った。

   コメント欄には、

「手紙書いてみたら?」
「交換日記なんてどうですか」
「鬼嫁キャラで、いつも2人で出る北斗晶やジャガー横田ポジションを狙うとか」

   といったアドバイスが200件近く寄せられ、矢口も「凄く参考になりました」と感謝。「手紙や交換日記やってみようかな」と早速「すれ違い」解消に意欲を燃やしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中