「許せなかった」サッカー川島の怒りの矛先

印刷
「大きな被害があって今も日本全体で頑張っている時に、それをだしに使われるのだけは許せなかったですね」

   サッカー日本代表で、ベルギー1部リーグ・リールセでプレーする川島永嗣選手の怒りは、試合中に飛んだ「ヤジ」に向けられた。8月21日(2011年)に更新されたブログには、その中身の具体的な記述はない。だがそれは、19日に行われた対ゲルミナル戦で相手チームサポーターが、川島に向けて「フクシマ」と連呼したことを指している。試合中、川島は審判に抗議して一時プレーがストップする事態になった。

   普段、ヤジは全く気にならないという川島。水をかけられたりすることも「よくある」と平然としたものだが、東京電力福島第1原子力発電所の事故で苦しむ人たちを揶揄するような今回のヤジには、我慢がならなかったようだ。「こういうことがあったからこそ、自分は同じようなことを人に対してしたくないとつくづく感じさせられました」と自戒も忘れない。

   一方で、「試合後にベルギー人のチームメイト達が、同じベルギー人として本当に申し訳なく思うと声をかけてくれましたよ」とも明かした。そのうえで、「僕の気持ちはもう次に向かっているので大丈夫です!」と、既に切り替えていることを強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中