岡田克也「くたびれ果てて入閣カンベン!」菅首相の犠牲者

印刷

   今朝(2011年9月2日)の番組放送中には、野田新内閣の内定者が逐一、耳障りなチャイムをともなって速報として伝えられた。そのなかで番組がサプライズ人事として着目したのは、岡田克也前幹事長。前夜、一部マスコミで財務相内定!とされたが、一夜明けると閣外にとどまることになったらしいという。「話がガラッと変わってしまいました」と笠井信輔アナ。

   「誤報」の原因は定かではないが、それにしても挙党一致がさかんに叫ばれるなか、入閣を請われた民主党の実力者はなぜ入閣しないのか。

キマジメ人間で受け流せず…

   和田圭フジテレビ解説委員によれば、菅内閣の閣僚・幹事長であったため、菅内閣を支えきれなかったケジメをつけたい、ポスト野田を狙うにはフリーな立場のほうが都合がよいから。

ガラッと変わって…

   一方、ゲストコメンテイターである時事通信社の田﨑史郎の見方は、サラリーマン残酷物語的である。「(岡田は)菅さんのもとでくたびれ果ててしまった」「菅さんの犠牲者」だそうな。

   ソーリの強い指示で、オザワ処分の矢面に立たされ、小沢系議員から目の敵されるわ、野党との折衝で仕方なく妥協しようとすれば、ソーリから問い詰められ、しょっちゅう怒鳴られるときた。通常の人間ならもう聞き流すところが、周囲が辟易するほどのキマジメ人間である岡田は、それをまともに受け止めてしまい、すっかり疲弊してしまったらしいんだとか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中