小室哲哉「KEIKO一般病棟に移った。みんなのおかげ」

印刷

   音楽プロデューサーの小室哲哉が11月10日(2011年)のツイッターで、妻で歌手のKEIKOが一般病棟に移ったことを報告した。

   KEIKOは10月24日に自宅で倒れ、くも膜下出血と診断され集中治療室(ICU)に入院していた。

「皆さんのおかげで、ゆっくり、ゆっくりではありますが、回復に向かっている気がします。これからがどんどん努力しなきゃいけない瞬間が増えるでしょう。またお知らせします、ありがとう。」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中