2019年 2月 23日 (土)

奥山英志レポーターか?植物公園トイレで発見の首つり遺体

印刷

   先週金曜日の9日(2011年12月)、「リポー ターの奥山英志さん(62)か?」というニュースがテレビやネットに流れた。4月に東京・神代植物公園で不審死していた男性がそうではないかというのだ が、テレビで知られた顔なのになぜ9か月も行方がわからないのか。

4月から消息不明―自宅マンションの室内はそのまま

   井口成人レポーターが神代植物公園に出かけた。男性が水生植物園にあるトイレの個室で首を吊った状態で発見されたのが4月10日 だったという。遺体は司法解剖され、事件性がないということで警視庁のHPの不明者リストに載せられたが、だれも奥山だとは気づかなかったらしい。

なぜ9か月も…

   奥山と連絡がとれなくなった親族が5月に神奈川県警に捜索願を出した。川崎市内のマンションには4月5日付のスポーツ紙があり、浴槽には水、洗濯物は干したまま、携帯と預金通帳がなかったが、ふらりと出かけたあとのような状態だった。

   司会の羽鳥慎一「まだ確実ではないんですが、奥山さんはどんな人だったんですか」

   井口「177センチ、100キロという大きな人で、おおらかで明るかった。自殺なんかする人じゃないが、気になることが3つあります」

   1つが2002年のリポーターを休業、2つめが大好きだったゴルフを腰痛でやめたこと、3つめが2010年 から仲間と疎遠になっていったことだという。

   井口「独身なので、じわじわと孤独におちたのか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中