2019年 7月 17日 (水)

インフルエンザはひと冬で2度罹る―2月下旬まで流行ピーク

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「うちの主人もインフルエンザに罹りました。最初は風邪かなと思っていたけど、病院に行ったらインフルエンザと診断され、ビックリでした」とコメンテーターの大沢あかね(タレント)。インフルエンザ流行のピークのようで、患者数は200万人に迫る勢いだ。国立感染症研究所の安井良則主任研究員は「中部地方で始まった今年の流行は関西へと移り、今は関東地方で爆発的な広がりを見せています」と話す。

   では、どう予防すればいいのか。インフルエンザ対策の素朴な疑問を取り上げた。

ワクチン接種してても感染

   街の人に聞いてみると、ある主婦は「姉の家族は全員がワクチンの予防接種を受けていたのに、インフルエンザになってしまった。ワクチンの予防接種はどこまで効果があるのでしょうか」と話す。

流行いつまで?

   安井研究員「ワクチンはインフルエンザウィルスの増加を抑え、重症化しないようにしますが、ワクチンの予防接種を受けたからインフルエンザに罹らないということではありません」」と答えた。西村綾子リポーターが街で拾ってきた疑問に、感染経路に関するものもあった。

   東邦大学の小林寅喆教授(感染制御学)「咳やクシャミによる飛沫感染と、インフルエンザに罹っている人が触ったドアノブなどに触れ、その手から体内にウィルスが入り込む場合があります」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中