ジャスティン・ビーバー各地で大騒ぎ―オスロ交通麻痺、パリ・シャンゼリゼ騒然

印刷

   歌手ジャスティン・ビーバー(19)はニューアルバム「Believe」プロモーションのためヨーロッパを回ったが、人気者だけに各地で大騒ぎになった。ノルウエーでは無料コンサートに首都オスロの交通が麻痺状態になるほどファンが押し寄せた。パリではツイッター告知でレコードレーベルが入居しているアパルトマンのバルコニーでパフォーマンスを行い、静かなカルチェラタンの通りを興奮して絶叫するビーバーファンが埋めつくした。

ライブ中にガラス壁に激突「カナダ人はタフだから大丈夫」

   パリではさらに仰天エピソード。ジャスティンがライブ中に、ステージ裏のガラスの壁に頭から激突してしまうというアクシデントが起ったのだ。その様子はしっかりカメラにとらえられていて、またたく間に世界中に広がった。幸いガラスは割れたりせず、ジャスティンも目の周辺の打撲程度で済んだけれど、ひとつ間違えば大事になっているところだった。

   ジャスティンは「僕はカナダ人。カナダ人っていうのはタフだからこれくらい大丈夫なのさ」とツイッターで冗談を飛ばしていたが、実際はライブ後に意識を失ったとも報道されており、大丈夫なのかと心配する声も寄せられている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中