原辰徳「女性の日記」ごときで1億円の不可思議―脅されてたのは別のこと?

印刷
「東京電力は福島原発事故の容疑者のような存在で、しかも公的資金を投入されている『禁治産者』。それなのに国民の生命や安全を考えず、儲けのために柏崎刈羽原発の再稼働に踏み出そうとしているのですから許されません。政府も財界も儲けるために協力しているだけ。政財官の癒着です」

   禁治産者という言葉の意味を間違っているけれど、これは「週刊現代」の「こんなときに『東電柏崎原発』再稼働計画かよ」のなかのルポライター・鎌田慧のコメントである。

   大飯原発に続いて続々と各地の原発が再稼働されようとしている。現代の大好きな橋下徹大阪市長も大飯原発再稼働やむなしと前言を翻してしまった。なし崩し的な再稼働は絶対許してはいけない。声をあげ続けることこそが大事である。

20年近く前の「浮気」が恐喝ネタとは不自然

   さて、「週刊文春」がまたまたやってくれた。いまや文春は、一瞬ではあったが、かつての『噂の真相』の一時期のようになってきた。スキャンダルは文春へ持っていこうが合い言葉になってきているのではないか。ライバル週刊誌は戦々恐々であろう。

   今週は原辰徳・巨人軍監督が元暴力団員に1億円払っていたという、これまた仰天スキャンダルである。それも、文春の発売前日に巨人軍が記者会見をして暴力団員ではないといいながらも大筋で事実を認め、原もお詫びの文書を出して、そうしたことがあったことを告白したのだ。

   まず、事件から見ていこう。きっかけは1本の電話だった。2009年4月に巨人軍の球団事務所に山本正志(仮名)を名乗る男から電話が入り、山本は電話を受けた球団職員に「原監督に渡っている、ある女性の日記を返してほしい。(中略)返してくれないなら、騒ぎを大きくする」と通告したそうだ。この電話に続く8か月にもおよぶ脅迫事件が、封印されていた原監督の醜聞、暴力団関係者による1億円恐喝事件の存在を浮かびあがらせた。

   それは約24年前のこと。当時のジャイアンツは王貞治監督が率いて、中畑清や篠塚利夫、吉村禎章らが活躍し、中でも『若大将』の愛称で親しまれていた4番バッター原辰徳が人気の中心だった。新人王、3年目にはMVPに選ばれるなどスター街道を驀進し、86年には5歳年上の明子夫人と結婚、88年には長男も誕生している。そんな幸せな生活の一方で、別の女性との間に重大な問題を抱えていたという。

原の「1千万ですか?」に「ケタが一つ違う」

   兵庫県芦屋市に巨人が甲子園で試合を行う際、定宿にしている『T』というホテルがある。繁忙期には『野球バイト』といわれる若いアルバイトが選手の食事や宿泊のサポート役を担う。原はそのうちの一人の女性と深い関係になったが、その女性が深く傷つくトラブルが生じたというのだ。トラブルが何かは読んでもわからないが、問題解決のために原が費用を用立て、その後も交際は続いたようだ。しかし、その女性にだんだん変化が出始めた。

「野球バイトのない時に大阪の北新地でホステスをするようになり、その後はホストクラブにハマって借金を作り、カード支払いの請求で首が回らなくなってしまったと聞いていました」(『T』の元スタッフ)

   そして95年の阪神淡路大震災と前後する形で、彼女は忽然と姿を消してしまうのだ。

   しかし、それでは終わらなかった。彼女はトラブルのことやそのときの気持ちの揺れを克明に日記に書いていた。原との交際を思い悩んだ彼女が、原のチームメイトだった岡崎や緒方耕一(現野球解説者)らに相談を持ちかけていた様子も綴られていたという。 悩んだ末に彼女は失踪してしまうのだが、その日記は家に残され、同居していた同僚の女性から暴力団関係者へと渡ってしまったと事情を知る関係者が語っている。

   それが先の山本で、当時は山口組の西日本の有力団体S会の直参組長だった。なぜかその日記は山本の舎弟のHの手に渡る。Hは北海道出身で、息子が現役のプロ野球選手だったKという元暴力団に話を持ちかける。

   女性が失踪して10年以上の時が過ぎ、原は2度目の巨人軍監督になっていた。原の携帯に電話が入ったのは06年8月。あんたのスキャンダルを持っているから至急会いたいというものだった。巨人が遠征している熊本のホテルにKとHは行き、原に日記のコピーを示しながらこう言ったという。

「原さんが野球界から居なくなったら大変なことになる。表に出ないように私が解決するので、私に任せなさい。それには金がいる」

   金額を尋ねる原にK側は指を1本突き立てた。「1千万ですか?」と聞くと、「ケタが一つ違う」といった。原はこの年は複数年契約の1年目で、早々と優勝争いから脱落していたため、この醜聞が出れば致命傷になると考え、警察にも相談せず、金をかき集めて理不尽な要求に応えてしまったのだそうである。K側はカネと引換に日記をシュレッダーにかけ、領収書を切った。

   だが、これで一件落着とはいかなかった。Hの兄貴分だった山本が原を脅し始めたのである。

公訴時効超えてないのに被害届出さない巨人軍

   ここまで読んできて、おやと思う。日記は処分されたようだし、Hというのは交通事故で死んでいるそうだ。なのに山本は日記を返せと球団事務所に執拗に電話をしてきたり、原の自宅へ押しかけて行ったそうだが、何が目的だったのだろう。ただ日記を取り戻したかっただけではあるまい。まだ原から搾り取れると思ったのだろうか。球団側はこのとき初めて原の聞き取り調査を行い、ことの経緯を知るのである。

   山本は威嚇するような言葉は吐くが、金銭要求はしなかった。だが、09年12月1日、球団事務所近くの路上でガスボンベとガソリン缶を持って、「ここで腹を切ってやる」と叫び、爆発物を起爆する行為を繰り返したため、威力業務妨害の現行犯で逮捕された。公判では原の名前はもちろんのこと、原の醜聞や恐喝事件にも一切触れられず、保護観察付きの有罪判決を受けたという。

   不可思議な事件だ。巨人軍側はKは元暴力団だが20年以上前に足を洗っているし、Hは原に水産会社の名刺を出していたから、原の頭の中には暴力団と関係があるという考えはまったくなかったとしている。06年に脅されて金を払ったとき、相手が暴力団という認識がなかったというのは信じられないが、それよりも、文春が書いているように、この恐喝事件は公訴時効の7年をまだ超えていないのに、球団は被害届を出さないのは不思議である。失踪した女がらみで表に出せない何かがあるのではないかと勘繰りたくもなる。

   原監督の動きは素早かった。文春が発売される前日、以下のコメントを発表したのだ。

「ファンの皆様へ
1988年ごろ、私はある女性と関係を持ちました。女性とはまもなく連絡をたちましたが、それから約18年後、監督に復帰して1年目の2006年8月、プロ野球と関係ある人物から電話があり、『あなたの女性問題に関する日記がある。公になれば球界は大変なことになる。表に出ないよう私に任せてほしい』と言われました。
ゆすられていると思い、不安を感じた一方、私を助けてくれるのだとも解釈し、要求された現金を渡しました。悩んで悩んで悩み抜いての苦渋の選択でした。私の個人マネジャーとは『これで終わりにならない時には球団に相談し、警察に届け出よう』と話し合いました。
その後、動きはありませんでしたが、2009年、別の男から球団に電話があり、『女性問題のことを書いた日記が監督の手に渡ったはずだ。それを返してほしい』ということでした。私は球団にすべてを打ち明けました。妻にもすぐに告白しました。一番傷つけてしまうのは妻だと思ったからでした。(中略)
私個人の不徳の致すところであり、浅はかなことをしたと思っています。たくさんの選手を指導するプロ野球の監督という立場にある人間として、深く反省しています。ファンの皆様、大変申し訳ありませんでした。
読売巨人軍原辰徳」

   また、この情報を漏らしたのは清武英利・巨人軍前球団代表だと、原は「清武さんへ」と題したメッセージも配布した。たしかに時期的にも、清武が原から相談を受けたであろうことは想像に難くない。だが、ここで清武へのメッセージを出したのは、ナベツネと清武戦争の被害者だという世論の同情を引くアリバイづくりで、誰かに入れ智恵されたのではないか。

   巨人軍は金を払った相手は暴力団ではないという理由で文春側を名誉毀損賠償請求訴訟を起こすそうだが、原が事実関係を認めているのだから、やめたほうがいいと思うがね。

   今週も長々と書いたが、いまの文春からは毎週目が離せない。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中