2024年 2月 24日 (土)

「大津イジメ自殺裁判」市長は和解、教育長は「生徒の家庭に問題」

「息子は学校に殺された」

   滋賀県大津市の中学生自殺事件で、保護者が大津市や学校にに損害賠償を求めている裁判の第2回口頭弁論がきのう17日(2012年7月)に開かれた。清水貴之リポーターが裁判の様子をレポートした。

口頭弁論で市側「イジメと自殺に因果関係」

   大津市教育委員会はこれまで自殺とイジメの因果関係はわからないとしていたが、この日の口頭弁論で因果関係を一部認めたものの、教育長は「自殺した動機はイジメだけではない。生徒の家庭にも問題があった」と強弁し続けている。

   コメンテーターの宇治原史規(お笑いタレント)は「教育委員会や学校は本当にイジメをなくしたいと思っているのか」と怒り、司会の羽鳥慎一も「この発言は問題があるのでは」と語る。

   清水「大津市市長も因果関係を認め、和解をしたいと言っています。その矢先にこの発言です」

文   ナオジン| 似顔絵 池田マコト
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中