「大津イジメ自殺裁判」市長は和解、教育長は「生徒の家庭に問題」

印刷
「息子は学校に殺された」

   滋賀県大津市の中学生自殺事件で、保護者が大津市や学校にに損害賠償を求めている裁判の第2回口頭弁論がきのう17日(2012年7月)に開かれた。清水貴之リポーターが裁判の様子をレポートした。

口頭弁論で市側「イジメと自殺に因果関係」

   大津市教育委員会はこれまで自殺とイジメの因果関係はわからないとしていたが、この日の口頭弁論で因果関係を一部認めたものの、教育長は「自殺した動機はイジメだけではない。生徒の家庭にも問題があった」と強弁し続けている。

時間かかる

   コメンテーターの宇治原史規(お笑いタレント)は「教育委員会や学校は本当にイジメをなくしたいと思っているのか」と怒り、司会の羽鳥慎一も「この発言は問題があるのでは」と語る。

   清水「大津市市長も因果関係を認め、和解をしたいと言っています。その矢先にこの発言です」

和解は市議会同意と警察の捜査結果待ち

   羽鳥「和解はスムーズに進みそうですか」

   元検事で弁護士の大澤孝征は「和解をするためには市議会の同意を得る必要がある。そのためには因果関係を証明する証拠や事情説明が必要です。警察の捜査も始まったばかりで、これらを得るにはもう少し時間がかかるでしょう」と解説する。

   萩谷順(法政大学教授・ジャーナリスト)「イジメというと軽いイメージがあるが、イジメは暴力を振るったり金品を強要するなど立派な犯罪です。イジメという言葉は使わない方がいい」

   自殺した少年の遺族はにもきょうにもイジメた元同級生たちの刑事告訴に踏み切るという。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中