日テレ・兄弟旅犬「ZIPPEI」熱中症で死亡!車内に放置されエアコン切れる

印刷

   日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP」(月~金あさ5時50分)で、全国を旅する犬として人気だった4歳の「ZIPPEI」兄弟が、9日夕方(2012年8月)、死亡しているのを発見された。飼い主は「ZIPPEI」兄弟を含む9頭を車に乗せたまま駐車場に駐めて離れ、1~1時間半後に戻ってきたら犬たちはぐったりしていて、うち7頭が死んだ。飼い主はエアコンをつけていったというが、発見されたときは止まっており、熱中症と見られる。

   「ZIPPEI」兄弟はロシア・シベリアが原産のサモエドという犬種で、真っ白なふさふさした毛に「サモエドスマイル」という微笑んでいるような口元で親しまれていた。おとなしく、あまり吠えないので各地で人気となったが、実は吠えさせないために声帯切除の手術を施されていた。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中