2019年 12月 10日 (火)

原宿の超高級マンションで母子遺体―同居男「自分が手を掛けた」電話して逃亡

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   原宿の超高級マンションで13日(2012年9月)、母子の遺体が発見され、同居していた60歳代の男性が犯人のようで、行方不明になっている。岸本哲也リポーターが「竹下通りから1本路地を入った閑静な住宅街で、遺体は38歳の母親と5歳の息子でした。体にはタオルケットのようなものが、顔にはタオルがかけられていました」と伝えた。

母親と長男の死亡時刻に半日のズレ

   事件が発覚したきっかけは、男性から親族に2人を手にかけたという電話があり、親族が警察に通報したことだった。田中大貴アナが「母子と60代男性が同居を始めたのは去年の4月からだったそうです。部屋に争った形跡はなく、無理心中と見られています。ただ、謎が一つあります。死亡推定時刻が母親は午前7時頃、男の子は午後7時頃と半日の開きがあります。この間、何があったのでしょうか」と説明する。

   コメンテーターの深澤真紀(コラムニスト)「これはもう、無理心中ではありません。殺人です。親族に電話をかけた男性は良心に苛まされ、電話をしたのだと思います」

文   ナオジン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中