執行猶予中に「脅迫メール」ストーカー殺人・小堤英統なぜ収監しなかった!?

印刷

   神奈川県逗子市でデザイナーの三好梨絵さん(33) が元交際相手に殺害された事件で、男がかつて脅迫容疑で逮捕された際、逗子署の署員が逮捕状の執行やその後の取り調べで、結婚後の姓(三好)や住所の一部を知らせていたことがわかった。男はこれをもとに住所を割り出し、犯行に及んだと見られる。

去年秋に「執行猶予付き有罪」犯行再開なのに…

   三好さんを殺害した小堤英統容疑者(40)は犯行後に首を吊って自殺しているが、犯行の前日の5日(2012年11月)、三好さんの住所を探偵社から得ていた。小堤はそれ以前から、ネットの相談サイトなどで「昔お世話になった三好さんの住所を教えて」「探偵社はどうやって探すのか」などと尋ねていた。団地の案内板にも「三好」の名前は載っていた。

なぜ動かない?

   2人は2004年ころバドミントンで知り合い交際していたが、1年半後に別れた。三好さんは08年に結婚し、新しい姓(三好)も住所も知らせなかった。ところが、結婚を知った小堤は変わっていなかったメールアドレスに「殺してやる」などのメールを送りつけ、11年6月に脅迫容疑で逮捕・起訴され執行猶予つきの有罪になった。

   三好さんはこのとき警察に、新しい姓や住所を小堤に知らせないようにと頼んでいたが、 逮捕した警官は逮捕状の「被疑事実の要旨」に記載されていた被害者の住所・氏名を読み上げてしまった。「読み上げ」は刑事訴訟法201条の手続きだが、その後の調べの段階でも姓や住所を示したことがあったという。

   三好さんの相談にのっていたカウンセラーの女性は、「頭に来るといってましたよ。電話で私が彼女のことを『三好さん』というと、『旧姓で呼んで』といってたくらい注意してましたから」という。

   逗子署はこれについてね「刑事手続き上は問題ない。旧姓にできた可能性はあったかもしれない」といまだ責任を感じていない。

規制法でメールは対象外。実態に合わなくなっているの法律放置

   小堤は今年4月に1000通以上のメールを送って来たが、今度は「慰謝料よこせ」などおとなしい表現だったため、脅迫にあたらず、「ストーカー規制法」にはメールは対象になっていないなどで、警察は捜査していない。そしてこの悲劇だ。

   安冨潔・慶大教授は「読み上げは逮捕に必要な手続きだが、詳しく読む必要はない。とくにストーカーということを考えると、慎重にすべきだったと思います」という。司会の小倉智昭は「同じ被害者に対するストーカー行為で執行猶予中なのに、動けないのか」と首をひねる。

   安冨「法律ができたのが2000年で、こうした事態を想定できなかった」

   小倉はなおも「もっと社会通念で動けないものなのか」と納得がいかない。

   鈴木尚(PTP会長)「法律ができた2000年には携帯電話の普及が45%。規制に加えてもおかしくなかった。なぜもっと機敏に対応ができないのか不思議ですよ」

   安冨「法の運用で現実にどう対応するかは、捜査機関の知恵だと思う」

   ストーカーが悲劇を招く例は、埼玉県など過去にいくつもある。しかし、警察はまだ「自分のところでも起こる」という実感がないのだろう。三好さんのカウンセラーの女性もいっていた。「警察は未然防止は苦手なんですよ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中