ユニクロ柳井正社長「もう愚政に黙っていられない」民主・安倍・橋下・石原みんなダメ!

印刷
「現在の日本の政治は酷すぎる。もはや数々の『愚政』に、黙ってはいられません。とくに民主党政権を振り返って思うのは、『政治家であってはいけない人が政治家だった』ということです。政治家は、自分の言動に対して、責任を持たなければならない。民主党政権を担った政治家たちには、責任感がまったくなかったように思います。鳩山(由紀夫・元総理)さんが衆院選への出馬を見送ったことがニュースになりました。彼は政治家にまるで向いていなかった。評論家ならいいのかもしれませんが、言うなれば『夢想家』でしかなかった。政治家は国民のために政治をしなければならないはずです。しかし、その『国民のため』という感覚が、鳩山さんにはまるで見られませんでした。(中略)民主党の政治家たちは、マニフェストの実現に命をかけるなんて言って、誰一人として命なんかかけていない。大嘘つきばかりですよ。(中略)
   安倍(晋三・自民党総裁)さんは、右翼的なところと、自民党的な『バラマキ体質』が良くない。発言が軽すぎるし、もっと考えて発言したほうがいい。『国防軍』のようなタカ派的な発想や、『国土強靱化』を掲げて公共事業を増やすと公言したことで、支持率は落ちるのではないかと思います。(中略)
   橋下(徹・大阪市長)さんには、以前は期待をしていました。彼は日本の統治機構を変えるという姿勢や、実行力を持っている。小泉純一郎(元総理)さん以来の強いリーダーかもしれないと。しかし、石原(慎太郎・日本維新の会代表)さんと、主義主張が違うのにくっついてしまった。あれは良くない。橋下さんは目立つ存在だし、他の人に利用されてしまうのでは、と心配です。
   石原さんは、根っこのところで、文学者なのではないかと思います。政治家ではない非常に思想的です。国民と一緒に、という部分が欠落している。戦争してもいい、と言っているように聞こえますが、自分一人で立ち向かうのとは話が違います。政治家が、とくに日本を代表しようという人が、好戦的な発言をするというのは理解できません。(中略)
   国民のために政治をしようと、本心から思っている人に政治をして欲しいですね。今のままでは、日本は悪くなるばかりです」

   これは「週刊現代」のユニクロ・柳井正社長の歯切れのいい言葉である。タイトルにある「日本人よ もっと必死で カネを稼ごう」という主張には全面的に頷けないが、政治に対する考え方には頷ける。

「週刊現代」仰天の大型議席予測「自民174、民主19、維新97、未来16…」

   いよいよ選挙戦がスタートした。ここで各誌の議席獲得予測を見てみよう。

   「サンデー毎日」は東京都、大阪府、愛知県、福岡県、計1427人に電話で政党投票先を回答してもらって、そのランキングを発表している。上位を見てみると、東京都は自民党22.5%、民主党14.7%、日本維新の会9.6%。大阪府は日本維新の会26.7%、自民党18.5%、公明党8.8%。愛知県は自民党21.6%、民主党15.6%、日本維新の会8.3%。福岡県では自民党22.0%、民主党14.0%、日本維新の会8.7%となっている。

   おもしろいのは、この調査の前日に発表した日本未来の党が、4都道府県合計では公明党の6.6%に続いて6.1%で6位に入っていることだろう。卒原発のインパクトはかなりあるようだ。

   現代は11月23~26日にわたって、民間の調査会社を使って全国300選挙区で各100人の有権者から、インターネットで調査を行った。合計3万人になる。このところ部数好調だと聞く現代だからできる大型調査であろう。そうすると、驚くべき結果が出たというのだ。自民党が294議席、民主党が26議席、維新が97議席、みんなの党が22議席、日本未来の党が16議席である。

   だが、まだ投票先を決めていない人が50%もいる。そこで、数値を修正するなどしたシミュレーションでは、自民党は174に激減する。だが民主党は19とさらに減って、維新が何と183になるというのだ。みんなの党が43、日本未来の党が37となっている。無党派層が第三極へ流れるということだろう。

   「週刊文春」は政治広報システム研究所の久保田正志代表と本誌取材班で「完全版最終予測」と銘打って議席数を出している。それによると、民主党が99、自民党が253、日本維新の会が57、日本未来の党が13となっている。

絞られてきた総選挙争点「原発イエスかノーか」

   けさ6日(2012年12月)は新聞各紙の調査も発表された。読売新聞は自民党が単独で過半数(241)を大きく上回る勢い。毎日新聞は共同通信の調査を載せて、自民党は小選挙区、比例代表ともに優位に立ち単独過半数を確保。公明党と合わせ300議席をうかがう勢いだとしている。第三極は伸び悩んでいる。

   朝日新聞も「自民、単独過半数の勢い」と打ち、自公で計300議席に達する可能性があると書いている。民主党は公示前230議席から80議席前後に大きく減る可能性があり、維新は大阪府内で躍進が目立ち、全国では小選挙区で10議席台、比例区で30議席台をうかがっているそうだ。 みんなの党は比例区で前回の3議席から13議席前後に達しそうで、小選挙区と合わせると公示前8議席から倍増の勢い。 未来は公示前の61議席から大きく減り、比例区と合算しても10議席台の見通しだという。

   どこも自民党が大幅に躍進すると見ている。だが、よくいわれるように、大勝と書かれるとアナウンス効果が働き、そんなに勝たせたくないからと票が他へ流れる。安倍晋三総裁の暴言や失言がこれからも出ないとは限らない。彼の主張する憲法改正、集団的自衛権を認め、自衛隊を国防軍に変える、原発容認などが反発を受けるかもしれない。

   私は、今回の選挙の争点は「原発イエスかノーか」という選択の選挙だと考えている。地震大国日本では、石原慎太郎日本維新の会代表がいうように、高いところに原発を作ったところで大事故は防げはしない。ドイツのように、あと10年と区切って、再生可能エネルギーへ転換していくために、国を挙げ全知全能を傾け、自動車や家電製品に代わる技術大国日本にすることだと思うのだが、いかがだろう。

オリラジ藤森「モデル妊娠」もみ消すためTBS田中みな実熱愛リーク?

   話はガラッと変わる。11月16日号のフライデーでTBSアナウンサーの田中みな実とお笑いの「オリラジ」の藤森慎吾の熱愛を報じたことは、この欄でも書いた。そのスクープの裏には、吉本興業とフライデーの間で「取り引き」があったと文春が報じている。藤森がモデルの女性を妊娠させて慰謝料を払っていたスキャンダルを隠すために、吉本側がフライデーとバーターしたのが、田中・藤森の熱愛報道だというのだ。

   佐々木希似(このところこの表現が多く見られるのはなぜだろう?)のモデル・中村さゆり(仮名・20代)が藤森との馴れ初めをこう話す。「藤森さんと出会ったのは今年の六月、大阪の『X』というクラブに遊びに行った時のことです。一緒にいた友達がオリラジのファンで、彼を見つけたのです。(中略)
   お酒に弱いみたいで、目が合った時にはすでにベロベロ。彼は私が気に入ったらしく、『乾杯しよっか』と声をかけてきました。彼のネタの『キミかわうぃ-ね!』とは言われなかったですね(笑)」

   帰りに宿泊していたホテルの部屋番号と連絡先を彼女に渡していったが、その日は行かず、後日メールしたという。食事に誘われたのは1週間後ぐらい経ってから。彼女が続ける。

「当時、すでにTBS田中みな実アナとの噂が出てましたが、藤森さんは『みな実とはいろいろ言われてるけど、何の関係もない。何もしてないし、付き合ってはいない』と言ってました。
   そして、『明日もロケがあるんだ。もう帰らなきゃいけないけど俺一人で帰れる自信がないから、ホテルまで送ってよ』と私に言ってきたのです。確かに足元もおぼつかず、一人で帰れる状態ではなかった。しょうがないと思って部屋まで送ってあげたんです。私がバカでした。それが彼の手口だったんです」
   ホテルの部屋に入ると藤森は豹変したという。「いきなり覆いかぶさってきたんです。私はそんなつもりはまったくなかったのですが、抵抗するのも疲れてしまい、セックスに応じてしまいました。彼はコンドームを持っていなかったので。仕方なく生でやりました。
   挿入が始まってから『絶対、中には出さないでね』と注意したんです。でも、『出さないで』と言った時には、もう射精された後だったんです。本当にびっくりするほどあっという間にイってしまって……」

一件落着とはいかなかった「手術料込みで350万円の手切れ金」

   この日から約3か月後に、彼女は体の異変に気づく。妊娠検査薬を買ってきて試すと陽性反応が出た。そのことを藤森に伝えると、「ごめんね」と謝ったという。結局、手術費込みで350万円を彼女に支払ったという。だが、これで一件落着とはいかなかった。

「実は私は先にフライデーの取材も受けていたのです。藤森さんからどんな扱いを受けるかわからなかったので、何らかの『証拠』を持っておきたい。それで編集部に連絡し、私と藤森さんの話し合いの現場写真を撮ってほしいと頼んだのです。
   フライデーの記者さんは、『ぜひ記事にしたい』と意気込んで取材に来てくれました。藤森さんとの話し合いの際は、記者さんからICレコーダを借り、藤森さんとのやり取りを録音し、記者さんに返しました。また、カメラマンがホテルに張り込み、私と藤森さんの出入りを撮っています」

   しかし、フライデーはこれを記事化せず、代わりに先の田中との熱愛写真が掲載されたのだ。売れっ子の藤森のスキャンダルが出ることを恐れた吉本興業が動き、バーターしたと文春は書いている。フライデー側は「載せる載せないは、こちらの自由だと思いますが」と回答しているから、彼女のいい分は事実のようだ。

   文春は「『やらせスクープ』を掲載したのであれば、同誌の信頼がゆらぐ」というが、この見方には少々異議がある。雑誌は売れてなんぼの世界である。売れなければいくら格調高い記事を掲載しても、休刊していくことになりかねない。フライデー編集長は、吉本興業がただ圧力をかけてくるだけだったならば突っぱねていたと私は思うし、そう思いたい。だが、吉本側はおいしい対案を出してきた。それに彼女は一夜の代償として藤森から350万円を受け取っている。それを天秤にかけて編集長は判断を下したのだろうが、それを「けしからん」と一方的に責めることは私にはできない。文春が、そうしたことはこれまで一度もなかったと胸をはっていえるのならば、私は尊敬する。

   さらにいえば、こうした「情報」は必ず他に流れるものである。フライデーがやらなければ文春、文春がやらなければ新潮がやったかもしれない。スキャンダルを完全封じ込めるのは、プロダクションがどんなに圧力をかけても至難の技なのである。とくに現代のようにネットが発達した社会では、特にそうであろう。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中