2020年 8月 16日 (日)

未来の党分裂!学者知事に壊し屋制御なんて無理だった!ハネムーン終わって「成田離婚」」

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   「成田離婚」とは言い得て妙だ。日本未来の党が年内に分裂することが避けられない見通しとなった。役員人事をめぐり、嘉田由紀子代表(滋賀県知事)と旧「国民の生活が第一」の元代表・小沢一郎との対立が解消できないためだ。結成わずか1か月で「離婚騒動」とは。いったい、この「結婚」はなんだったのか。「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーで取り上げた。

結末見えてた「相手のことよく知らないままの結婚」

   冬休みのみのもんたに代わって、コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授)が「イチオシ」に上げたのが読売新聞の「『小沢さんとは成田離婚』 嘉田氏 分裂避けられず」という記事だった。それによると、嘉田はきのう26日(2012年12月)、「小沢さんとは『成田離婚』ですね」と周辺に自嘲気味に語ったという。嘉田の側近の飯田哲也代表代行と小沢がきのう都内で分党について会談し、年内分裂が確実となった。

はい、さようなら

   総選挙で敗北した後の両院議員総会で、嘉田は社民党出身の阿部知子議員を共同代表とする人事案を提示したが、小沢を支持する旧「生活」の議員が小沢を共同代表にするよう求め、対立が続いていた。

   北川「これは危険な火遊びをしたと思いますね。(嘉田は)小沢さんの甘い誘惑に乗ったという感じがなきにしもあらずですから、理念の一致を見ずに早急な結婚したわけですから、こういう結末は見えていた」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中