松山ケンイチ「平清盛演じるには経験値足りなかった」近著で告白

印刷

   NHK大河ドラマ「平清盛」で主役を演じた俳優の松山ケンイチが、近く出版される著書で「力不足だった」と語っている。書名は「敗者」で、2月28日(2013年)に新潮社から発売される。

   松ケンは本に「作りたい表情を作るのに、わい自身の顔の表情の経験値が圧倒的に足りなかった。急いで63歳になったわいに、清盛の表情は表現できなかった」と書いたという。清盛の波瀾万丈、毀誉褒貶、栄枯盛衰を演じるには、人生経験も役者としての積み重ねも足りなかったというわけなのだろう。

   「平清盛」は斬新な映像、複雑なストーリー展開に賛否が分かれ、NHK大河ドラマとしては、これまでの最低視聴率を記録してしまった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中