<1年前のワイドショー>去年も今年も「A香港型」インフルエンザ大流行!ワクチン効かない?

印刷

   例年にない大流行と伝えられるインフルエンザは、この週末から2月第2週(2013年)あたりがピークと見られているが、去年もこの時期に感染が急速に広がった。ワイドショーも「最強寒波襲来でインフルエンザ流行ピーク―予防接種してても感染」(日本テレビ系「スッキリ!!」2012年1月27日)と警戒を呼びかけ、「インフルエンザはA香港型。2006年~07年に流行って以来4年間流行がなかったので、多くの子どもに感染経験がなく、広がりやすい」と伝えた。

   今年もA香港型が主流だが、去年は後半になってB香港型が増えた。今年はどうなるのか。なぜか昨冬に三価ワクチン(A香港型、B香港型、新型H1N1)を接種した人でも感染しているという。「インフルエンザ猛威!『去年と同じA型』子どもより大人に感染拡大」(「スッキリ!!」2013年1月23日)という状況で、大人は発動範囲が広く、人と接触する機会が多いため、最悪の流行が心配されている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中