殺された霜見誠さん本当の仕事は「仕手株解体屋」周囲に胡散臭い連中ウヨウヨ

印刷

   資産家夫婦が殺害された事件は、渡辺剛容疑者が逮捕されても全容解明とはいかないようである。『週刊朝日』は「犯人逮捕でも消えない『闇の勢力』主犯説」という特集を組み、闇の部分を解明しようとしている。殺害されたファンドマネジャー霜見誠(51)の新日本証券時代の元同僚は「死者に鞭打つことになってしまうが…」と言葉を濁しながら、こう話している。

「『なんか違うんだよね。正直、彼は最も近寄りたくない人間の一人。彼の周りには胡散臭い人間がたくさんいたから。自称ファンドマネジャー、本当は<仕手株の解体屋>なんです』

風説の流布まがいで株価つり上げボロ株売り抜け

   仕手株の『解体屋』とは、業績不振企業の株を保有する人間から依頼を受け、風説の流布まがいで株価を釣り上げ、株主の保有する株を市場で売り抜けさせる者たちのこと。
『証券会社時代はまじめだったかもしれないが、独立してから彼の周りにはそんな仕手株を扱うような輩が集っていた』(同前)
   事実、霜見氏は2008年のリーマンショック以降、投資でかなりの損失を出したとみられ、トラブルを抱えていたようだ。
『ファンドが暴落して顧客から猛烈なクレームがありましたが、「投資の失敗は、出資音の自己責任。仕方ない」と、謝りもせず話していた。これが一部の反感を買い、日本を出国するときに空港で待ち伏せされ、もみ合いになったこともあったようです』(先の知人)
   実行犯として逮捕された渡辺容疑者も、そうした一人と見られている。
   渡辺容疑者は、もともと鯨肉販売などを手がける『日鯨商事』社長。独自の販路開拓や海外進出を試みる、野心的な経営者だった。同社関係者がこう語る。
『性格は行き当たりばったり。今の会社も、飲み屋で<鯨や高級魚が儲かりそうだ>と話していたら、たまたま一緒にいた人が<親類が宮城県で鯨関係をやっている>と言ってきたので、すぐ宮城まで行って話をつけて創業したんです』」

なぜか突然「殺人準備」始めた主犯・渡辺剛―誰かが裏で指示か

   週刊朝日は渡辺容疑者の犯行が大掛かりすぎる点に注目する。「渡辺容疑者は昨年11月ごろ、知人に依頼して空き地を購入させ、そこに高さ約2メートルのフェンスをめぐらせた後に重機で遺体を埋める穴を掘った。霜見夫妻をおびき寄せる『道具』として使った架空のパーティーも、『かなり精巧で、本物と見紛うパンフレットまで用意されていたらしい』(霜見氏の知人)。しかも、なぜ夫婦もろとも殺害しなくてはならなかったのか。

『そもそも渡辺容疑者は、11年7月ごろから宮古島で地元女性と一緒に暮らし、東京と行き来しながら釣り三昧の生活をしていた。それが、なぜ昨年9月に急に殺人の準備を始めたのか。捜査員も困惑している』(警視庁関係者)

   こうした疑念が広がる原因の一つは、霜見が持つ「人脈」の特殊さがあると、先の知人が証言している。

「霜見氏にとって大きな分岐点となったのは90年代末、仕手筋によく狙われることで有名な宝飾品会社の株で大きく稼いだことでした。『あれが人生を大きく変えた』と、本人も話していた。大物仕手筋の故・西田晴夫が絡んだともいわれ、以来、業界の<大物>たちとの交流が生まれ、曰わくつきの銘柄で稼いできたのです」

   なかでも指摘されるのが、宝飾品や高級時計などの販売会社A社との関係だ。A社は98年に発覚した、地方銀行による巨額不正融資事件の舞台として知られる。

   暴力団関係者にも多額の資金が流れたとされるこの事件で、A社の創業者X氏は特別背任罪で逮捕された。そんなA社に、霜見氏が管理するリヒテンシュタインのファンド『ジャパン・オポチュニティー・ファンド』が、07年と11年に出資しているのである。

   今回、霜見氏の事件が発覚する直前の今年1月中旬、それまで10円台前半で横ばいだったA社の株価が突如、40円近くまで急騰した。これには、当のA社関係者も首をかしげる。

「経営陣の誰もなぜ上がったのかわからず、社内は騒然としていました。当時、社内で意見が一致したのは、霜見氏がX氏のカネを持って来日し、株価を釣り上げたのではないかということでした。もともと霜見氏とX氏は近い関係だという見方がありましたから」

   この事件は、金銭トラブルで頭に来た直情径行型の男がカッとなってやったというような、単純な事件ではないようである。ぜひ取材を続けて闇の正体を解明してほしいものである。

ご乱行露見続くAKB…グループ内に反秋元派がいる?

   『週刊文春』のAKB48スキャンダルは今週も掲載されている。こうなるとAKB48か秋元康のグループに意図的に情報を流すアンチ秋元派がいるのではないかと思いたくなる。先週号の峯岸みなみの「お泊まり愛」は峯岸が丸坊主になって謝罪したことが大きな話題になった。 朝日新聞(2月1日)までがこう報じた。

「AKB48の峯岸みなみさん(20)が、動画サイト『ユーチューブ』に丸刈り姿で登場、涙の謝罪をした。一体何があったのか。 『たくさんの皆様にご心配をおかけしまして、本当に申し訳ありません』  映像は1月31日午後、同サイトのAKB公式チャンネルで公開された。ロングヘアだった峯岸さんが丸刈り姿で冒頭に謝罪の言葉を述べ、約8秒間頭を下げた。『私がしてしまったことは軽率で自覚のない行動』『まだ……頭の中が真っ白で』と言葉をつなぐ。不ぞろいな額の生え際が生々しい。『いてもたってもいられず(略)誰にも相談せずに坊主にすることを自分で決めました』と、左目から涙がこぼれた。大粒の涙を流し、『AKBをやめたくない』と訴え3分49秒の動画は終わる」

   さて今週、文春のターゲットになったのはメンバー随一の清純派「ゆきりん」こと柏木由紀(21)と若きJリーガーたちの合コンである。

「『彼女は<アイドルの中のアイドルを目指す>と公言する<処女キャラ>です。キャッチフレーズは<寝ても覚めてもゆきりんワールド!夢中にさせちゃうぞ!>。握手会では目線を逸らさず、ファンの手を両手で包み込む<十秒握手>でファンの心を掴んできた』(AKB担当記者)」

   総選挙では常に上位に食い込み、おととし、去年と3位だった。

   その合コンが行われたのは、皮肉にも柏木主役ドラマが放送された初日の深夜0時過ぎだった。場所は目黒のダイニングバー「S」。文春が先週報じた峯岸らAKBメンバーが参加したパーティが開かれたのと同じ店である。柏木を誘ったのは、やはり峯岸だという。「柏木が仲が良いのは、峯岸や指原。峯岸は一期生。柏木にとっては年下でも先輩にあたるんです」とAKB担当記者が話している。

   午前0時30分。柏木に遅れて峯岸、その後からカリスマAV女優の明日花キララ(24)も参戦した。今回のお相手はロンドン五輪にも選ばれたセレッソ大阪の扇原貴弘(21)と杉本健勇(20)ら。峯岸が酔ってフラフラと引き上げたのが午前3時過ぎ。柏木と明日花は男性陣とカラオケルームへ入り、ご帰還は朝の7時過ぎ。チト羽目を外しすぎではないかね。不祥事続きのAKBだが、元メンバーたちがこういっている。

「もともとあってないようなルールだし、バレたら終わり、バレなければOK。それだけですよ」

   バレた峯岸や柏木は運が悪いということか。秋元さん、どうします?

殺人スモッグ「中国では大気汚染で1年間に35万人以上が早死に」

   中国の大気汚染は「殺人スモッグ」といわれているようだ。『週刊文春』はその凄さをこう伝えている。

「北京在住十二年になる、フリーランスライターの小林さゆり氏は、『北京はこの十二年間で最悪の空気』と語る。
『冬の暖房はクリーン化が進んだとはいえ、石炭や練炭を燃やすのも一因でしょう。今年の冬は特に、近隣工場からの排煙が増しているのか、部屋の中で過ごしていても、燻されたような匂いがして、常にけむい。窓を閉めてもダメで、部屋の中でもマスクを二重にしています。街中は、白い靄がかかっていて、まさに五里霧中。バス停でバスを待っていても、数十メートル先も見えず、路線バスの番号も分からない。交通事故も増えていて、先日も高速道路で何十台もの追突事故がありました。うっかりマスクを忘れて百メートル先の店に自転車で買い物に行っただけで、気持ちが悪くなり、嫌な空気が肺の中に残る感じが半日、ずっと消えませんでした」

   北京大学公共衛生学院などが中心となってPM2・5の健康被害に関する報告書を公表したのは、昨年12月(2012年)のことだった。そのタイトルは「危険的呼吸」。報告書にはこう書いてある。

「〈もし汚染水準が改善しなければ、四都市(北京、上海、広州、西安)でPM2・5が原因で早死にする人は年八千五百七十二人に達し、早死による経済損失は計六十八億元(約一千億円)に上る〉
   だがこれに対し、米・ハワイ大学の環境研究家・薫良傑氏は、
『これはまだ控えめな統計といえる。中国では一年間に大気汚染により三十五万人以上が早死にしているといわれている』
   と、21CN新聞のインタビュー(一月十七日)で答えている。
   PM2・5は黄砂よりも微細な物質のため、気道上部や鼻だけではなく、肺や血管にまで入り込む。そのため、瑞息の悪化だけでなく、呼吸器疾患、脳卒中、心筋梗塞の死亡率も悪化させる」(文春)

   私事で恐縮だが、私の息子が昨年12月から北京で仕事をしている。マスクもなかなか手に入らないから日本から送ってくれとSOSが来ている。大気汚染、砂漠化は北京だけの問題ではない。大都市が抱える重大な健康被害は解決のしようがあるのだろうか。

オナニーグッズ「女性用TENGA」いったいどんなモノなんだろう

   今週も『週刊ポスト』の袋とじ大型ピンナップ「YURI 顔」がいい。さっそくオフィスに貼った(お客が来ると外す)が、全身が写ってないのが残念だ。同じポストが「女性用のTENGA」が発売されたと報じている。「TENGA」は男性用のオナニーグッズで、世界40か国以上で累計2500万個も売れているという画期的な「性の革命」商品である。

   発売は3月3日(2013年)のひな祭りだそうで、コンセプトは「セルフケアグッズ」だそうだ。名前がかわゆい。「YUKIDARUMA」「HANAMIDORI」「HINAZAKURA」で、並んだ写真はウサギのようである。女性たちは触感、温度、音、色を重視するという。どんなものか触ってみたい気がするね。発売元は「株式会社TENGA」だそうだ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中