安倍自民党「参院選公約ねじれ」原発・基地で地元県連と「使い分け」の欺瞞

印刷

   井上貴博リポーターは「きのう22日(2013年5月)の会議で、自民党は1枚岩というところを示し、夏の参院選の公約づくりに地方組織の意見も反映しようとしました。しかし、蓋を開けてみたら、自民党本部と地方の間には隔たりがあり、ねじれた関係であることが明らかになりました」と伝えた。自民党全国政調会長会議で、参院選の公約は党本部の「全国版」と沖縄、福島などの「ローカル版」が矛盾したままならぶことになった。

「原発再稼働」の党本部、福島県連は「すべて廃炉」。普天間基地も「辺野古」と「県外」

選挙公約といえるか

   会議冒頭の高市早苗政調会長の挨拶のは非公開となった。終って出てきた香川県連の政調会長は「党本部が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を押し通せば農村票は流動的になる」と話し、党本部の「TPP参加自画自賛」に不満げだ。米軍普天間基地移転問題を抱える沖縄県県連の政調会長は「県内移転はあり得ない。私たちはあくまでも県外移転を求めていく」と言い切った。福島県連の政調会長は「福島県の10基の原発すべてを廃炉にするのいうのが県民と私たちの総意だ」と強調した。安倍執行部はすみやかに原発を再稼働するとしている。

「会議まとまらなかったという結論」有権者はどっちを信用?

   司会のみのもんたは「何か自民党はバラバラというように見えますが、しっかりとした選挙公約を打ち出せるのでしょうか」と首をかしげる。コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授)は「自民党は理念を優先する政党ではなく、党内でのこうした議論を練り上げて公約や政策を実現させていく現実的な政党です。この点は野党も学んだ方が良い」と話した。

   小松成美(ノンフィクション作家)「私たちは安倍政権のアベノミクに期待をしています。でも、地方の人々や組織は日本全体に影響を及ぼすような問題に取り組んでいます。上から目線で、党本部の決定を承認させるような会議のあり方はどうなのでしょう」

   金井辰樹(東京新聞政治部長)「会議ではまとまらなかったという会議のまとめ方もある。おそらく、党本部はギリギリまで地方組織と議論を続けていくでしょう」

   みの「会議では議員定数是正問題が俎上に上がらなかったようです。それでいて、憲法改正問題は議論している。憲法改正が先、定数是正は後回しで選挙をしたら、また憲法違反という判断が出ると思いますけどねえ」

   北川は「是正問題を忘れていたのではないですか」と苦笑いする。昨年暮れの総選挙でも、原発や基地問題で党本部と地方組織の「使い分け」はあったのだけれど、野党だったためあまり問題にされなかった。しかし、参院選は政府・与党としての選挙だ。こうした極めて重要な政策をめぐる「二枚舌」は、安倍政権そのものの信頼を失わせることになるだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中