ビッグダディなぜいつもあんなに楽観的なの?自分に自信あるから「なんとかなるさあ」

印刷

   あなたはどちらのタイプだろうか。「どうにかなるさ、なんとかなるさ」と思うか、「どうにもならない、もうできない」と思うほうか。楽なのは前者だけれど、「どうにかなるさ、なんとかなるさ」精神について面白い話を聞いた。

   楽観的に考えられる人は人らしい。ある精神科医によれば、物事を悲観的にとらえてしまいがちな人は、自分に自信がなく、家族や友人に支えられているという基本的な信頼感もないそうだ。そこから不安に思う気持ちが増していき、ひどくなると自分は世の中に受け入れられてないと感じて、殺傷事件を起こしたりするケースもあるという。なんとかなるとは思えないから、絶えず緊張状態が続き悪循環が生まれていく。

人気女性は「自分磨きにあくせくタイプ」より「ポーッとしている天然型」

   なんとな~くわかってきたところで、ある人を思い出しませんか。いつも自信たっぷりに見える人で、なんとかなるさと言っている人。そう、リアリティ番組で家族の一部始終をテレビに垂れ流してくれている「ビッグダディ」だ。番組内でよくみかけるTシャツには「なんとかなるさ」と書かれているし、ビッグダディには自分の人生観や哲学に絶対的な自信を持っているようにみえる。

   しかし、ドラマはそうはいかない。なんとかなるさと思っていたら、そもそも悲劇や事件は起こりにくいし、どうにかなるさの警察では捜査も進まず、問題解決や犯人逮捕が目的ではなくなってしまう。恋愛ドラマにしたって、なんとかなるさの恋心では恋は生まれないし、なんとか相手に近づこうとする主人公の葛藤なんて生まれてこない。

   でも、ご存知の通り、日常で重宝されるのはどうにかなるさの楽観主義の人々のほうである。楽観主義が自分に自信を持っている人だとする説が正しければ、そのタイプはリーダー的存在だったり、モテる人ではないでしょうか。かつて恋愛番組を手掛けた時に、男性からは「自分磨きにせっせと精を出す女性よりも、のんびりしている人の方が好き」という意見を多く耳にした。

   自分磨きとは、好奇心旺盛で非常にポジティブではあるが、自分にないものを手にしたい、自信をつけたいという願望の塊でもあったりする。のんびりタイプだと自分を変えようと強くは思わないだろうし、多少ポーッとしている天然型の方がたしかにモテる。細かく言うと、例えばこんなこと。「朝活とかでヨガやジョギングして、頑張っている自分がスキとかいう女だけには絶対になるな。男が好きなのはちょっとポチャとした肉体に引け目を感じながらも笑い飛ばすぐらいの女だ」

「じゃぁ、私も今のままでも別にいいんだあ」でモテ街道まっしぐらの女子

   げっ、そうなんですか。じゃぁ、私も今のままでも別にいいんだあと、楽観的な女性はその後モテ街道に足を踏み入れ、そんな男とはこちらから願い下げといった反応を示した女性は、これまで通りに自分の肉体と精神を磨きあげ、ますます悦に入るんだそうである。

   こんな話を受け入れるのは嫌だけど、的を射ているので反論できずもどかしい。ニヤニヤしながら女性が理想とする女性像と、男性が求める女性像の違いを教えてくれたのは、某局のプロデューサーだった。数多くの女性と付き合い、ドン引きするぐらい華やかな女性遍歴を重ねている50代後半の既婚者は、ぬけぬけとこんな言葉を口にする。この話で女ゴコロをムキュと掴んで幾つ楽しい夜を過ごしたんだろう。

   けれど、数々の不祥事が妻にバレて離婚を切り出されたらどうするのだろう。やっぱり「どうにかなるさ」と思っているのだろうか。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中