松本人志「小学生の時、足の悪い岡田をイジメた事が有ってね。切ない」

印刷

   「小学生の時。岡田って奴が居てね」。「ダウンタウン」の松本人志(49)は6月12日(2013年)のツイッターで突然、思い出話を始めた。

   「足が悪くてね。片足引きずるように歩くの。オレ何度かイジメた事が有ってね」と白状する。気まぐれに「岡田」の家に遊びに行った時、「そろそろ帰ろうかなって思ってたら岡田のお母さんがパートから帰ってきてね。クラスメイトを岡田が連れてきたの初めてやったんやろうね。お母さんが凄い嬉しそうで」と振り返る。

   母親は松本に「ありがとうね。仲良くしてあげてね」と何度も言った。「オレ罪悪感でたまらんようになってね。おばちゃんオレ岡田のことイジメたこと有るって。言えなくてね。なにより岡田がお母さんの前でオレと親友のふりしたのが切なくて。辛くて」。

   松本は心の中で何度も2人に謝ったが、「でも岡田とはその後も友達ってわけでもなかったな」という。「なんとなくの昔話。おわり」と締めくくっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中