2022年 6月 25日 (土)

最新技術は生き物に学べ!クモの糸は細いのになぜ強い?ヤモリは天井からなぜ落っこちない?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   見るからにすぐ切れてしまいそうなクモの糸だが、この糸を模倣して次の時代を担う新しい繊維が誕生するかもしれない。内多勝康キャスターは「厳しい生存競争の中で生物が進化させてきた機能を模倣する、バイオミメティクス(生物模倣技術)の研究が進められています。蚊の針からは痛くない注射針が開発されています」と説明する。

クモの糸「ナイロンより高い伸縮性。鋼鉄の4倍強度」

   クモの糸は柔らかい部分と固い部分が合体し、強さと伸縮性に優れている。同じ太さなら鋼鉄製の糸の4倍の強度、ナイロンより高い伸縮性を併せ持つ。これを使えば炭素繊維より軽くて強い自動車や航空機のボディーを作ることができる。千葉大学ではハチドリやヤモリの足の研究をしている。ヤモリはなぜ垂直の壁や天井を平気で歩き回れるのか。足の裏に特殊な密着機能があるからだ。「ヤモリの足を観察して開発されたヤモリテープは、強く接着するのに簡単に剥がすことができます」と内多は伝える。東大ではアワビの貝殻からタンパク質を検出する研究が進んでいる。

   内多「こうした背景には、電子顕微鏡、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、ハイスピードカメラなどの発達があります。生物の神秘のメカニズムを分子レベルで解明、再現できるようになりました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中