2019年 1月 22日 (火)

「ベストテン」山田プロデューサー死去、クリス松村「えっ…まさか…信じたくない連絡」

印刷

   音楽番組「ザ・ベストテン」(TBS系)などを手掛けた山田修爾プロデューサー(67)が8月28日(2013年)に亡くなり、クリス松村が「信じたくない連絡」「えっ…まさか…」と29日にブログで驚いている。クリスは「ベストテン」司会の黒柳徹子(80)と「タマネギ頭」(TBSチャンネル)で共演していたが、山田さんは「欠かさず番組の収録にいらっしゃっていました」という。

   「ベストテン」を「1978年からテレビの前で見ていた」大ファンだったため、「司会者の徹子さんとプロデューサーの方が一緒におられる現場で、レギュラー番組をやらせていただける幸せを感じておりました」という。

   収録の合間、山田さんに「ベストテン」や歌について質問すると丁寧に答えてくれたといい、「私の宝物のような時間でした」と振り返る。「ベストテン」全放送をDVD化して欲しいと頼んだ時も「そんな無茶苦茶なリクエストにも真剣に答えてくださいました」といい、「本当に残念です。素晴らしい音楽番組を作ってくださったことに感謝しています」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中