カッパドキア邦人殺傷で拘束の27歳男―被害者2人に言い寄りしつこく付きまとい

印刷

   トルコ中部の世界遺産カッパドキアで日本人女子大生2人が刃物で刺され死傷した事件で、地元警察が犯人として身柄を拘束したのは27歳の男だった。男は容疑を否認しているというが、重傷を負い入院中の寺松星絵さん(22)が写真を見て確認した。拘束された男が2人にしつこく言い寄り、付きまとっているのを地元住民が目撃していた。

地元住民「栗原舞さん追悼集会」日本語手書きプラカード…申し訳ございません

   カッパドキアでは10日午後(2013年9月)、大勢の地元住民が「われわれは日本人です」「申し訳ございません」などと日本語で手書きしたプラカードやトルコと日の丸の国旗を手に持ち行進し、殺害された栗原舞さん(22)の追悼集会を開いた。

悲しい

   司会の羽鳥慎一「親日の国だし、スポーツ分野の交流もたくさんある国ですから悲しいですね」

   栗原さんの遺体は首都アンカラに移送され検視を受けた後、駆けつけた家族と対面することになっている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中