<1年前のワイドショー>「金子哲雄」見事だった人生エンディング!自分の葬儀も周到な段取りと気配り

印刷

   「流通ジャーナリスト」という新ジャンルを開拓し、モタモタした話しぶりで、価格のカラクリや流通の裏側を解説した金子哲雄氏が41歳という若さで亡くなったのは、去年(2012年)の10月2日だった。気配りの人で、ワイドショーが驚いたのは自分の葬儀まで段取りをしていたことだった。

   <金子哲雄急死!葬儀、通夜料理、墓まで手配していた気配りと覚悟>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<金子哲雄「通夜」挨拶状も自分で準備「ゆっくり休むつもりございません!」>(日本テレビ系「スッキリ!!」)と見事なものだった。

   金子は「肺カルチノイド」という珍しい病気にかかっていた。肺の腫瘍で専門病院でも、患者は1年に1人か2人というがんの一種である。亡くなる1年半前に判明したが、金子は病気を隠して活動していた。<金子哲雄「手術できない場所に手術できない大きさ」肺カルチノイド告白>、<金子哲雄41歳の命奪った「肺カルチノイド」自覚症状なくCTスキャンで発見>(「スッキリ!!」)と解説した。

   安倍首相は来年4月(2014年)からの消費税増税を決めたが、これが国民一人ひとりの暮らしにどんな負担増になるのか。小売りの現場をよく知る金子に解説してほしかった。

テレビウォッチ編集部
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中