2018年 7月 22日 (日)

いままでいなかったのが不思議…世界20か国参加の国際カラオケ大会で日本人初優勝

印刷

   なにかのカラオケ大会で優勝したとしても、ワイドショーで取り上げられることはまずありえないが、フィンランドで開かれた国際カラオケ大会となれば話は別だ。世界20か国の40人が競った「カラオケワールドチャンピオンシップス」なるイベントが24日(2013年11月)に行われ、大学職員の田中照久さんが優勝した。この大会は2003年から毎年開催されていて、世界に冠たるカラオケの元祖国である日本は去年から参加しているという。

大学職員の田中照久さん「星に願いを」「たいせつなひと」熱唱

   田中さんは準決勝で「星に願いを」、決勝ではさだまさしの「たいせつなひと」を熱唱した。「(決勝では)一番愛してる曲を歌った。日本代表なので日本語の歌で勝負したかった」と話す。

抜群のうまさ

   キャスターのテリー伊藤「(出場者)みんなウマいけど、田中さんは群を抜いてるね。実力の80%しか出してない。ポテンシャル高いね」

   田中さんは「いまのところプロになる気はない」と話しているという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中