市川「ストーカー刺殺女性」男性2人とトラブルでたびたび警察相談

印刷

   トップニュースのVTRが終わると、司会の加藤浩次が言う。「警察に相談していた女性がまたしても被害にあってしまった」

   千葉県市川市のJR本八幡駅前の路上できのう27日午後(2013年11月)、22歳の女性が男と見られる犯人に刺されて死亡した。被害者の女性は夫だという男性と3歳の子供と一緒に宝くじ売り場付近にいたところ、刃物のようなもので腹を一突きにされたという。犯人は現場から逃走した。

口頭警告されてた身柄拘束の男

   事件は当初、「通り魔」的犯行とも考えられたが、その後、被害者が今年9月以降に2人の男について警察に4回相談していたことが判明した。一人は「復縁を迫る」男であり、もう一人は「結婚してくれないならばカネを返せ」などと要求していたという。2人にはストーカー規制法に基づく口頭の警告が出ていた。

また被害

   このうち復縁を迫っていた男の行方がわからないことから、なんらかの事情を知っているものとして警察が追い、「スッキリ!!」の放送中にこの男の身柄が確保されたことが伝えられた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中