2018年 7月 18日 (水)

テレビ「ヒット企画」の極意!世間のムチャブリに応え続ける精神力と体力

印刷
「ストライク!!!」

   なんて気持ちのいい言葉でしょう。ズバッと狙い通りがハマった感じ。その裏には観客には見せない涙ぐましい努力があり、そのための人間ドラマが繰り広げられているというのは、誰もが想像できる。

   なにも野球のことではありません。普段の仕事に置き換えてみてください。いったい何がストライクなのかそうでないのか。意外とわからないものです。上司に響くストライクってなに? クライアントが喜ぶストライクな企画ってなに? そのためのマーケティングも重要だけれど、テレビの場合はちょっと違います。少し前までは誰も見向きをしなかったものが、急にストライクとしてもてはやされたり、これまでストライクと思われていたものが、突如として暴投になってしまうのです。

   そして、これが世の中ってもんさと理解できるまでかなりの時間がかかります。ひたすら頑張ってきた者に脚光が浴びることもあれば、突然変異型ともいえるほど、誕生からすぐにヒッパリダコになる者もいる。まずは最初に誰が手をつけるのか、いったい何が時代の空気、いや世の中に求められていたものにスコッとかすり、ズコッとはまるのかはほとんどわからない。世論って、まるで見えないオバケみたい。

次々とオーダー変更するわがままな客たち

   ストライクを出し続けたい。つまりはヒットメーカーになりたい。どうやったら相手が納得してくれるものを出せるのか、勝ちにいけるのか。どうしたらいいか途方にくれそうになるけれど、人ってそのためにずっと仕事をしているのかもしれません。当然、気になるのはストライカーの人達。あの人はいったいどうしてそれができたんだろう。そう思える人が私の身近にも何人かいます。その中の1人の先輩が少しだけ極意を教えてくれました。それは、「ムチャブリこそが世間と思って答え続けよ」でした。

   食堂で例えるなら、カレーのオーダーが入り作っている途中で、やっぱりハンバーグがいいとオーダー変更され、ハンバーグができあがったところで、きょうは気分が和食だったことに気付いたと、天ぷらに変えてくれないかと注文される感じ。こんなムチャブリにでも「はい、よろこんで」と答え、それぞれ提供できるかどうかにかかっているんだそうです。

   普通なら、相手を殺してやりたいとひたすら陰口を叩き、どうせまたオーダーが変わるんじゃないかと惰性でものつくりをする、もしくは、オーダーを断るか、作るのをやめてしまおうと思います。でも、それじゃぁ、結局なにも料理は出てこないし、惰性で作られても美味しくない。

一瞬で変わっていく視聴者の好みや興味

   ストライクを出し続けるには、どんなムチャブリにも全身全霊でパスを出せる精神力、体力が必要だということでした。人の好みや興味はどんどん移っていくもの、それがムチャブリと思える世間なんだと。今まで文句ばかり言っていた私。それって挑戦しようとしない敗者のたわごとだったことに気付きました。あ~恥ずかしい。

「ストライク!!」

   いつかエースになれる日を夢見て、会議というマウンドに挑み続けたい。気持ちを新たに仕事に向かえそうな気がした先輩の言葉でした。

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中