ウッディ・アレンの養女「7歳の時に父に犯された」元妻ミア・ファローに吹き込まれた?

印刷

   ハリウッドの巨匠ウッディ・アレン監督の養女ディラン・ファロー(28)が「7歳の時に父アレンに犯された」と告白した公開書簡がニューヨークタイムズに掲載された。アレンは小児性愛者の烙印が押され、ネットでは「気持ち悪い」「もう彼の作品はボイコットする」「一生牢屋にぶちこんでおくべきだ」など過激なコメントが溢れている。

弁護士「20年前に不起訴で結着がついている話。彼女は空想と現実の区別がつかない」

   アレンの弁護士は「ディランの苦悩の原因は、彼女自身にもウッディ・アレンにもない」と反論し、長らくアレンと交際していたディランの養母である女優ミア・ファローが原因であると批判した。ミアはかつてアレンとの親権争いの中で、アレンによるディランへの性的虐待を訴えたが、証拠不十分で不起訴となった。

「同じ話が20年たった後にも蒸し返されるなんて…。当時、ディランは現実と空想の区別がつかなくなっていると結論づけられた。恐らく、母親に刷り込まれた話を信じてしまったのだろう」(弁護士)

   ディランの兄モーゼズ・ファローもアレンを支持し、母親ミアが子供たちにアレンを嫌うよう仕向けたマインドコントロールがあったと発言をしたため、ネットのオピニオン欄などは、ミア派とアレン派に分かれて激論が続いている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中