「なか卯」牛丼やめた!安売り戦争で息切れ?いや、高価格志向だって…

印刷

   牛丼業界に異変! 丼ぶり・うどんの「なか卯」がきのう12日(2014年2月)で牛丼の販売をやめた。40年にわたって主力商品だったが、「牛丼安売り競争」から離脱した。牛丼大手3社の値段は吉野家、松屋、すき家が280円、なか卯だけが290円だった。これを見る限り、低価格戦争に負けたとも見えるが、それだけでもないらしい。

高い方が売れる「牛すき」メニュー

   なか卯の牛丼にかわる新商品は「牛すき丼」で350円。これまでより60円のアップだ。なか卯の担当者は「消費者ニーズが高価格志向になってきている」という。

物価は上昇

   伏線があった。吉野家が昨年12月(2013年)に出した「牛すき鍋膳(並)」580円だ。普通の牛丼より300円も高いというのに、2か月で700万食も売る大ヒットとなって、吉野家は12月の売り上げトップに躍り出た。なか卯もつまりはこれの後追いというわけだが、本来の牛丼をやめるというのだから、相当な思い切りではある。

   説明する笠井信輔アナも「変わってきてますね」という。司会の小倉智昭は「牛丼てのは、デフレの象徴だったじゃないですか。それがようやく脱却しつつあるのかな」と話す。

物価高騰時代に突入か

   菊川怜キャスター「物価が上がるんでしょうか」

   小倉「上がらないといけないんでしょう?」

   これだけ円が安くなれば、輸入品の値が上がるのは当然で、すでに目に見えたり見えなかったりする形でじりじりと上がっている。最たるものは原油で、やがて電気、ガスに響いてくる。しかし、給料が上がるには至っていない。なのに高価格志向だと? すでに牛丼どころじゃない、いろんなものでそれが起きているはずだ。このあたり、腰を据えて突っ込んだくれないと困る。牛丼騒ぎの話題ですませて「はい次ぎ」はないだろう。上がっちゃ困る人もたくさんいるんだから。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中