NMB島田玲奈が卒業「プリクラ謹慎から復帰した時、キャプテンになるのが条件だった」

印刷

   NMB48の島田玲奈(20)がグループを卒業すると2月27日(2014年)に発表した。ブログでは「NMB48を卒業しますが、私には まだ夢がありますし やりたいことが沢山あります!」と語っている。

   島田は11年9月、加入前に男性と撮影したプリクラ写真が問題になり謹慎。12月のファン投票で復帰が決まり、翌年1月からはチームMのキャプテンに就任した。このとき「キャプテンという責任を負うことが条件」だったため、「言われるがままキャプテンになりました」という。

   それから2年間、「本当に悩んでばかり」だったというが、「いいチームにしたい!」との気持ちから「自分なりのチームM」を仲間と築いたと語り、愛してくれたファンたちに「これからも 絶対に皆さんのこと忘れません!!!」と宣言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中