2019年 12月 7日 (土)

羽生結弦「チャンピオンとして悔しい!」4回転転倒し3位スタート―五輪後初試合

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

安藤美姫「プレッシャー楽しんで!」

   生出演した元五輪フィギュアスケート選手の安藤美姫は「跳んだ瞬間に軸が前のめりになってしまった結果、転倒したという印象を受けました。動き全体は五輪の時よりよかったので、はじめの4回転だけですね」と技術的な評をしたあと、「ゴールドメダリストのプライドをプレッシャーと感じるか楽しむか、どちらかでしょうね。緊張をプラスにうまく楽しむ方向にもっていけたらいいんですが」

   どのスポーツもそうだが、それが一番難しい。

   この日、1位になったのはソチで5位だった町田樹(24)で98・21点、小塚崇彦(25)は85・54点で6位だった。町田はトップに立って、フリーでは追われる立場になる。注目点について安藤は、「小塚選手まではチャンスがありますが、海外にも強い選手がいます。緊張感の中でどういう演技ができるか、ということですね」と慎重な見方をしていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中