2019年 6月 25日 (火)

とんでもない前科者だった「セウォル号」オーナー!オカルト教団主宰し横領・詐欺

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   沈没したセウォル号の運航会社オーナーとされるユ・ビョンオン前会長(73)の新たな実像が浮かび上がってきた。カルト教団の実質的な教祖で、過去に32人の信者が集団自殺する事件に関与した疑いがもたれたこともあった。

   「キリスト教福音浸礼会」という宗教団体で、オカルト宗教に詳しい紀藤弁護士によると、強引な勧誘、家族破壊、高額な献金で韓国内で以前から問題視されている団体だ。信者は20万人ほどといわれ、セウォル号の運航会社の社員の9割が信者という。

女性信者32人の集団自殺事件

   ユは1941年に日本の京都で生まれ、戦後まもなく韓国へ渡ったらしい。その後、宗教家の娘と結婚。宗教家が主宰する宗教団体に信者として入るかたわら、1970年代に会社経営に乗り出した。87年には信者だった女社長を含む女性32人が集団自殺し、ユの関与が疑われて取り調べを受けている。

犯罪だらけ

   紀藤弁護士は「この集団自殺はお互いに殺し合った陰惨な事件で、韓国では大問題になりました。女社長のお金が教団に流れ、巨額の負債を抱えたのではないかと考えられています」という。

   90年にはユが経営する運航会社の観光遊覧船が、ソウル市を流れる漢江で沈没して15人の死者を出した。さらに、91年には信者の献金した金をユが私的に流用し、詐欺罪に問われて懲役4年の実刑判決を受け服役している。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中